自分が持っている着物

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、大事に手入れしてしまっていたのですが、いつも洋服の生活ですからその着物を着る機会は今後なさそうなので処分するなら今だと思いました。買取ができるかどうかネットで調べた結果、思ったよりも多くの買取業者があることを知りました。ゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物が役に立つ可能性もあると思い売るのが一番いいと心を決めました。いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば絶対高値はつかないのが当然といえば当然です。それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の交渉もできるかもしれません。どんな場合も、安易に決め込むのではなく、その道のプロに見てもらうことをすすめます。
中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。私が最近聞いた例では、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあります。チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。誠実な業者であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。
着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなく各種和装小物も買い取るところが多いのです。買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうと売れるものの幅が広がりますから査定価格を高目におまけしてくれるという業者の話もうなずけます。和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものを痛まないように注意して、着物と一緒に宅配便にし、査定してもらうといらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。
着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。買い取るとき、高値をつけられるものといえば有名な産地で生産された品です。大島紬の他、本場黄八丈などどんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、査定でも高値を期待できます。査定時の状態は良くないといけませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはどこの業者の買い取りでも求められます。着物の買取ではじめに突き当たる壁、それはたくさんの買取業者の中から絞り込むのに何を判断材料にしたらいいか、です。インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので決め手がなければ選べないでしょう。多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定人に相談できるので大きな損はしないで済むでしょう。
和服の買取というと、宅配便を利用するのが最近では珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、手放そうと思います。高級品や袖を通していないものもあるので、誠実な業者さんを探したいと思っています。中古品の売買には警察署への届出が必要なので、まずそこを確かめてから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、注意することが一つあります。着物や反物の購入時についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、ブランド品であればなおさら、あるかないかで査定には大きな影響が出ますので着物の一部と考えて着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。
持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかそこから調べるのかと思って、実にもったいないことをしていました。近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店もちょっと探せばあるようです。サービスの内容や買取価格を調べ、できるだけ多くの人が高く評価するところを手間ひまかけて探すつもりです。
振袖と言えば成人式ですが、忘れられない思い出や思い入れを持っているもので、売るなんて考えられないという人も聞けば相当多いのですが、着る時期を過ぎてしまったら、売ってお金に換えた方がすっきりするのではないでしょうか。買ってから日が浅く、ものが良ければそこそこの買取価格で売れるでしょう。タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。
おすすめ⇒大島紬の買取おすすめサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です