祖母からの形見分けで、着物を何

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。私たちが何度も着るような着物はなく、ただタンスの奥で眠らせておいても着物がかわいそうだし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。何軒かの業者で相談しましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。
いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が我が家にはたくさん残っていました。出してみると保管状態が悪いものもありましたが、そんな着物でも値段はつきました。いまどきの買取は、シミが少しあるぐらいなら業者に染み抜きの専門家がいるので、買取になる事例が多いそうです。そうはいっても、シミがあれば買取額には響きます。

着ないで場所ばかりとる着物類。買い取りに出して片付けたいと思っても、着物や帯の点数が多かったり、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持っていくだけで大仕事になってしまいます。どうしようかなと迷ったら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。ネットか電話で申し込むと、依頼者宅へ業者が出張するというシステムですが、ただ、量がある程度ないと来てくれませんので、その時は宅配便査定(買取)を利用することになります。事前に電話で相談しましょう。

要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。近頃また和服ブームで、専門買取業者が多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。しまい込んでいた高価な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。古いものでも状態が良ければ思ったより良いお値段になることもあるようです。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地がその名につくブランド品です。たとえば大島紬、本場黄八丈のようなどんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名な産地の着物は古くても価値があるので高く買い取ってもらえることが多いようです。着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはどの着物でも変わりません。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、気を付けた方がいいことは、着物の価値の一部にもなっている、切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは産地や製作者の証明になるので、高級品ほどあるのが当然となり査定には大きな影響が出ますので残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

着る人のいない和服を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。相場があれば知りたいというのも当然です。ただ、中古着物の値段というのは、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、現代人のサイズに合った大きなもののほうが高値がつきやすいです。価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
古い着物をどうにかしたいと思っても、どこに持ち込んだらいいのか悩んでそのままというケースは多いようですね。ネットの着物買取サービスをご存知でしたら、それを利用すると気軽ですし、手間も少なくて良いでしょう。ネットから査定依頼すると、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。元が高額な着物の場合は、ちゃんとしたプロのいるお店に依頼することが大事なポイントです。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると売れるものの幅が広がりますからトータルで高値をつける業者の話もよく耳にします。たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば処分も兼ねて、着物と一緒に無料宅配査定のサービスを利用すれば不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。
先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、形見分けできない着物は相当の枚数でした。処分を決め、買取業者を探してみると電話かメールで連絡すれば自宅まで取りに来てくれるところもあることに驚きました。整理して箱詰めするのも大変な量で、これをお店にどうやって運んだらいいのか、とみんなで話していたので、とても嬉しいサービスでした。

あわせて読むとおすすめ>>>>>古い着物処分捨てる以外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です